2017・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/01/17 (Sat) 失恋

失恋ソングってどうしてこうも胸に響くんだろう。

「いつからか君は取り繕い 不覚にも僕はそれを見破り よくあるフォーマットの上片一方のかかとで乗り上げてしまうんだ。」

「本当に本当に君が大好きだから もう恋なんてしないなんて言わないよぜったい」

「明るい話しよう 暗くならないうちに この恋が冷めてしまわないうちに」

「きっとごめんねって言って、泣きつくほうが今はずっと、楽だけどもう、それはしたくない。だって悔しいじゃない?もちろん悔しいだけじゃないけど、一度くらい潔くきめたいじゃない?」


つまり、彼氏と別れたのです。

あたしから別れを告げたのに、後悔してないと言えば嘘です。
たくさん握った素敵な手も、寝てるからいたずらしようとして掻き分けた髪の毛も、抱きしめられたときの幸福感も、全部全部本当に好きだった。そして、いまでも好きなんです。

でも、つきあうのとはちょっと違う。

自分が駄目になりそうな怖い瞬間をあたしはあんなに嫌がっていたのに、別れてさみしくなれば、どうして良い思い出だけが頭をよぎるのか。

人生で初めてちゃんと人を好きになって。毎日が楽しくて、そして切なくて。

でも、結局あたしは最後までいい女を演じようとして、反対に、彼は、ずっと素直なままでした。

慣れることを求めてあたしはたくさんのことを考えたけど、結局それは言葉にしてないから伝わらない。

今となっては、言葉にしとけばよかったなんて思います。

強がりは自分を苦しめるだけなら、今すぐにまた一緒に朝を迎えたいけれど、自分の気持ちを押し殺してまで、付き合うことにいみはあるのでしょうか。

もう戻れないあの夜を、もう一回戻ったところで、いったい何をしたいのか自分でもわからないのです。

前に進むことは、あたしにとって何を意味するのかも、今の自分には、あなたの影が大きくて見えづらいのです。

スポンサーサイト

未分類 | comment(0) |


<<自分の | TOP | あけましておめでとうございます>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

めぐむ

Author:めぐむ
ご訪問ありがとうございます。

都会の片隅で粛々と生活しています。
これと言って理由はありませんが、とても幸せだなぁって思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。